車買取査定一括比較

MENU

車査定に勝つための愛車清掃術

車査定の最大のポイントになるのが車の清潔さです。需要の高い人気者であっても不潔な状態では購入希望者は表れません。新車と見違えるようなきれいな状態の車であれば評価は高くなりますから、車査定を受ける前にきちんと清掃しておきましょう。

 

外装の清掃は言うまでも無く車査定に必要

外装の清掃では、通常の洗車のほかに細かい部分も忘れ図に清掃しておきましょう。ポイントになるのはホイールとフロントマスクです。

 

ホイールは最も泥汚れが付きやすい部分であり、清掃を怠ってしまうと車全体が汚らしく見えてしまいます。オシャレは足元からといいますが、クルマにも同じことが言えます。ボディはピカピカに磨き上げられているのにホイールが泥で汚れていれば、手抜きの印象を与えてしまいイメージが悪くなってしまいます。ホイールとタイヤも忘れずにしっかり洗っておきましょう。

 

フロントマスクに溝付きのデザインが採用されている車では、溝に汚れがたまりやすくなっています。ボディ全体を洗うだけではなかなか溝の汚れまで落とすことができませんから、綿棒などを利用してきちんと汚れを取っておきましょう。細かい作業ですが、隅々まで手入れの行き届いた車は車査定でも評価が上がります。

 

社内の清掃も忘れずに行う

車内も忘れずにしっかり清掃しておきましょう。エアコンの吹き出し口やシートの隙間など、目につきづらい部分もしっかり清掃してください。

 

内装の清掃で重要なポイントは、動かせる部分は動かしてチェックすることです。前列シートはしっかりと前後に動かしてシート下に落ちているゴミを清掃しておきましょう。ミニバンのように多彩なシートアレンジが可能な車では、出来る限りシートの配置を変えて清掃することが重要です。

 

通常のシート配列では目立たない部分でも、シートアレンジをすることで汚れが表面化する可能性があります。

 

シートだけではなくエアコンの吹き出し口等も向きを変えて汚れをチェックしましょう。可動部を動かして見ることで見落としがちな汚れを発見することができます。一度の清掃で満足せず、必ず再チェックを心がけてください。

 

エンジンルームの成功もしておけばばっちり

意外と見落としがちなのがエンジンルームです。普段車に乗っているときはあまりチェックすることのない場所ですが、クルマ査定では必ずチェックされますから忘れずに清掃しておきましょう。

 

エンジンルームは重要なパーツが並んでいますから、うかつに清掃すると車を呼称させてしまう可能性があります。徹底的に清掃しようとすると非常に手間がかかりますから、表面の目につく汚れをふき取るだけにとどめておきましょう。

 

ボンネットの裏やパーツの表面に積もったほこりをさっとひとふきするだけでも、エンジンルームの印象は大きく変わります。