車買取査定一括比較

MENU

初めての自分だけの世界を手に入れた気分

平素、都会の狭いアパートに住み続けていて、転勤で地方に初めて行くこととなりました。地方は車なしでは通勤できないだけでなく普段の暮らしにも支障があるくらいだったので、人生でこれまた初めて車を手にすることとなりました。

 

免許を取ってから5年ぶりくらいに運転することになるので、おそらくあちこちぶつけたり擦ったりするから中古のボロい車で十分と思って、即決で走行距離が50,000キロ程度の状態のまあまあの中古車を買いました。

 

休日やることもなく、周りに友人もいない状態だった私はその車でどこかに出かけることが徐々に増えました。最初は周辺にある観光地巡りを、それから少し遠出して地方の中心都市まで足を伸ばしたり、今まで見たことのなかった冬の日本海の風景を見に行ったり、だんだんと私の生活の中心に車が据えられるようになってきたのです。

 

最初こそ塀に擦ったりして傷をつけましたが徐々に私の運転もマシになっていき、気がつけば買ったキロ数の倍と10万キロまで走行距離が伸びていました。ちょうどその頃に私も都内へ帰任することが決まり、愛車を手放すこととなりました。

 

さすがに走行距離が走行距離ですし、傷もあって手放す時は廃棄扱いでしたが、涙目になるくらい別れを惜しんだ存在でした。