車買取査定一括比較

MENU

いつかは手に入れたい一台、ACコブラ

ACコブラが好きです。好みはライトウェイトスポーツ(A110が理想)なのですが、コブラ(バイパーとかも)は理屈抜きに好きです。

 

コブラは、理想のスポーツカーを求めて模索していたアメリカのレーシングドライバーのキャロル・シェルビーがイギリスのAC社の協力の下、造り上げた英米混血のモデルでした。

 

そのベースとなったのが、直列6気筒2.6リッターエンジン搭載のACエースでした。

 

ACエースのポテンシャルを認めたC・シェルビーはそれに搭載するエンジンを求めてフォード社を訪れました。そして出来上がったのが、4.7リッターV型8気筒のシェルビー・コブラ289でした。そして更にパワーアップを図るべく選ばれたのが、7リッターV8のコブラ427でした。

 

コブラ427は、スタンダードの状態で425馬力、最高速260km/h、更にホッテストモデルの427S/Cでは485馬力を発揮し、最高速は290km/hを誇りました。グラマラスなボディと、V型8気筒7リッターの分厚いトルクは実に魅力的です。

 

コブラは、ロータス7やランチア・ストラトス同様に、多くのレプリカ・モデルが存在します。それは、コブラの熱狂的なマニアが多い証拠でしょう。