車買取査定一括比較

MENU

雪道での運転の過信は禁物です

雪国にお住いの方は、雪道運転にも慣れており、それ相応の運転テクニックを体得されていると思います。スキー場でバイトしていた経験があり、多少なりとも雪道運転のテクニックは身に付いています。

 

特に注意するのが路面にできた「わだち」です。そのわだちに上手く沿って運転できれば大丈夫ですが、少しずれたりすると、タイヤがあらぬ方向に持っていかれ、慌ててブレーキを踏むとスリップして危険です。

 

坂道も要注意。登りはスリップして進まなかったり、下りはブレーキの踏み具合が強すぎると、これもまたスリップします。下り坂のテクニックとしては、坂の手前からエンジンブレーキで充分速度を落とし、必要に応じてポンポンと軽く踏む要領でブレーキをかけると上手くいきます。

 

雪国では、常に雪があるので過信する事が少なく、逆に安全かもしれません。問題は平地で雪が降った場合です。慣れていない為、用心はしますが、運転に程々慣れてきた時が危険です。スピードの出し過ぎによる、カーブや追い越しでのスリップの事故。強いブレーキによるスリップ事故。多くがスリップによる事故です。

 

高品質のスタッドレスタイヤだから大丈夫とか、さほど降っていないから大丈夫とか、運転は得意だからとか・・・雪道の怖さは体験して初めて分かります。事故に合わない為にも過信は禁物です。