車買取査定一括比較

MENU

自動車は動いてくれさえすればいい

私自身は、自動車は動いてくれさえすればいいと思っています。ですから、軽自動車だろうと、大型車であろうと、要はなんでもいいのです。もっと言えば、狭かろうがどこかへこんでいようが、ちゃんと走ってくれさえすればいいのです。

 

しかし私の旦那は結構車へのこだわりが強いのですよね。しかも旧式な外車が大好きですから、なかなか厄介なのですよね。ですから、近所の中古自動車販売会社には、なかなか売っていないのです。

 

しかも値段がそれほど高くはないので、真っ向対立というわけにもいかないのですよね。趣味の範囲内的な価格の自動車ですからね。けれども、私はできればなんでもいいから日本車にして欲しいのです。なぜなら、旦那が選ぶような車はすぐに止まってしまいますから。

 

さらには、車の不具合はしょっちゅうのことで、エンジンをかけたらいろんなところから「ピー!ピー!ピー!」と警告音が鳴っていますからね。しかしそのまま進んでもとくには問題ないのですね。一般的な車しか乗ってこなかった私からすれば、警告音が出るなんてよっぽどのことだと思うのですが、けれども旦那によりますと「よくあること」らしいのですよね。

 

確かに、警告音が出ているからといって、止まったりすることもないのですけれど。しかし、こちらからすれば警告音なんて出ないことが「普通」なのですから、心配にはなりますよ。けれども直すにしても、毎回の車検では結構な修理費用がとられますので、気軽には出したくないのですよね。

 

そのような旦那の車を間近で見ていますと、やっぱり「車は普通で良い」と尚更思ってしまいます。