車買取査定一括比較

MENU

若者を振り向かせたい自動車業界

若者があまり車に興味を持たなくなったと言われる現代、自動車業界も色々な手を用いて興味を引こうとしています。例えば、痛車を販売してみたり、特別色を取り入れてみたりしています。それだけでなく、ガンダムとのコラボレーションで作成したカスタム車販売も話題を呼びました。

 

クラウンにおいては、限定色ピンクで話題となりましたが、再び若者向けの限定色を取り入れると先日発表したばかりです。このように各メーカーも努力を重ねています。

 

若者が車に興味を持たなくなった理由として、スマホやインターネットがあげられます。いまや自動車の運転が上手な人がもてるのではなく、スマホの扱いが上手な人が持てる時代だそうです。車は、物や人を運ぶ実用性もありますが、走る楽しさや人と会話する空間でもあります。だからこそ車が趣味の若者は、多かったのです。

 

現在は、ラインやメールで会話出来る時代ですし、スマホでゲームも出来ます。また、都市部なら、公共交通が発達しており、車を所有していなくても、それほど不自由には感じません。

 

現代の若者は、車に対して非常に実用性を求めています。スポーツカーではなく、ミニバンが売れる時代です。なぜかといえば、維持費が安く物がたくさんつめるからです。これは、軽自動車でも同じ傾向であり、ハイワゴンが売れています。

 

運転自動化の実現性も夢ではなくなった現在、自動車は、運転する物から乗り物へという認識変化が、若者ではより顕著だという事を自動車業界も強く認識するべきでしょう。