車買取査定一括比較

MENU

車のワイパーの最適な交換時期は

車にとって絶対に必要なワイパーですが、フロントやリアのガラス部分と直に触れ合っているため確実に劣化することになります。ガラスに雨コーティング剤を塗布していたとしても、全く使用しなくて良いというわけにはいきませんし、凍りついたガラスに対して使用するなどで劣化が早くなってしまう場合もあります。

 

ガラスに触れている部分はゴムになり、消耗品という捉え方をしていた方が無難です。交換する場合はゴム部分だけではなく、ワイパーそのものを交換することになります。ゴムの性能などによって価格に差が生じます。専門工場などに持ち込む必要はなく、ガソリンスタンドなどで購入から取り付けまで対応してくれるところが多いです。

 

ワイパー交換のタイミングですが、実際に使用した際の跡に着目します。ワイパー全体がピッタリとガラスに接している場合は何の問題もなくクリアな視界が確保されますが、傷んだワイパーでは跡に筋がつきます。ゴムが劣化し、ガラスから浮いてしまっている部分になります。

 

その状態で使用を続けると、突然ワイパーの骨組みからゴムが丸ごと外れてしまい、金属部分が直に当たって傷がついてしまう可能性があるため、早期に交換することが重要です。リアの場合はゴムが外れたことに気がつきにくく、気がついたら傷だらけだったというケースもあるためさらに注意が必要です。