車買取査定一括比較

MENU

スポーツカーの主流はツーペダル

スポーツカーと言えば一昔前まではマニュアルトランスミッションが主流でした。しかし最近流れが変わってきてツインクラッチ式のトランスミッションが主流になってきました。たとえばニッサンGT-Rにはマニュアル車は設定されていませんし、フェラーリやランボルギーニにもマニュアル車は設定されていないんです。

 

またポルシェにはマニュアル車が設定されていますが、主流はPDKと呼ばれるツインクラッチで日本だけでなく海外でもマニュアルは少数派になっていますし、ターボやGT3はPDKのみの設定になっています。

 

理由はスポーツカーのオーナーの年齢層が上昇していることだといわれています。日本ではスポーツカーに乗っている若者は少数派ですが、これは日本だけではなく海外でも同じだといわれています。中高年の人にとってはクラッチペダルがない方が運転が楽で良いというのが理由のようです。

 

また最近のスポーツカーはハイパワー化しているというのも理由です。たとえばGT-Rは550馬力と一昔前ならと考えられないくらいのハイパワーです。こうした車で素人のドライバーがクラッチペダルを踏んでギアチェンジをすると、危険だという理由もあるようです。ツーペダルで運転に集中したほうが安全に運転できるという理由もあるようです。