車買取査定一括比較

MENU

タイヤは静かにパンクすることもある

車のタイヤがパンクする際のイメージとして、大きな音がしてハンドルが取られてしまうようなイメージだけを持っているドライバーも多いです。ですが、実はそのような事例はバーストといって高速道路などでの走行時に発生するケースがある、パンクの一形態に過ぎません。

 

バーストは空気が少なくなって変形が強くなったタイヤが高速走行でいびつな形に振動し、空気圧が瞬間的に上がって起こるものです。基本的に自動車のタイヤは丈夫なゴムでできているため、簡単には裂けたり穴が開いたりするようなことはありません。

 

ただ、鋭利なもの、例えば釘などが深く刺さってしまえば裂傷になってしまいます。車のタイヤに人の手で釘を刺すことはほぼ不可能ですので、そのような状態は上向きの釘の上を走行してしまい、自重が加わって刺さったということから引き起こされます。

 

その際は釘はタイヤに刺さったままであり、空気がゆっくりと漏れ出ていくことになります。そのまま普通に運転できてしまいますし、1日くらいでは気が付けないことがあります。

 

ただ、その後少し期間が経って運転しようとした際、タイヤがひとつ潰れてしまっていることにようやく気がつくことになります。そうなってからでは自走して修理に持ち込めないので、こまめに空気圧の点検を行うことが大切です。