車買取査定一括比較

MENU

ハイブリッドカーの秘密

地球温暖化が叫ばれている昨今ですが、日本においても温暖化対策の一環としてエコカーの普及が進められています。

 

さて、エコカーの代表格といえばハイブリッドカーが挙げられるのですが、この車は何と言っても燃費の良さが一番の特徴です。この特徴は、搭載しているモーターとバッテリーによって実現されていますが、しかし一般的に車体重量が増えると燃費はその分だけ悪くなります。

 

つまり、ハイブリッドカーは通常のガソリン車に比べ、モーターとバッテリーという余分なものを搭載している為、燃費が悪くなるはずなのに、逆に良くなっているのです。

 

これは一体どういう訳でしょうか。実は、この一見矛盾に見える事の裏にハイブリッドカーの最もコアな秘密が隠されています。

 

少し専門的な話になりますが、通常のガソリン車の場合、エンジンでガソリンを燃焼させて、ガソリンのもつ化学エネルギーを運動エネルギーに変換し、それによって走行しています。そして減速の際には、ブレーキパッド等の摩擦によってこの運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、それを社外に放出する事によって車の持つ運動エネルギーを減らす、つまり減速しているのです。

 

要は、ブレーキを踏む毎にせっかくガソリンを燃焼して得たエネルギーを捨てている訳です。

 

しかし、ハイブリッドカーの場合、搭載しているモーターとバッテリーによって回生ブレーキという物を構成しています。そして、この回生ブレーキにより、ガソリン車だとブレーキ毎に捨てている運動エネルギーを、電気エネルギーに変換して車内に蓄えているのです。

 

ハイブリッドカーは、こうやって蓄えたエネルギーを再利用する事によって、燃費の良さを実現していると訳です。なので、信号のない高速道路を走行する等、ブレーキを踏む機会の少ない場合には、ハイブリッドカーのメリットは生かせません。

 

長距離トラックにハイブリッドが登場していないのには、この様な事情が影響を与えているのです。