車買取査定一括比較

MENU

動力をスムーズに伝えるクラッチとは

最近の車は足元にクラッチ操作ペダルというのが付いていませんし、その分操作が大分楽になりましたが、一昔前の車には此のペダルがついていて、イチイチ此の厄介な操作をした者です。

 

今でも有りますが、クラッチ操作ペダルが付いていつものをMT車(マニュアル車)といって、脚で踏んでクラッチ操作をしなければなりません。

 

即ち、通常の状態であるクラッチペダルを踏み込まない状態では、所謂、繋がっている状態であり、一杯に踏み込んだ状態では、即ち、切れるじょうたいになっているのです。

 

当然ながら、踏み込んだ位置、深さと、元に戻した位置の間に断続した境目ができるが、この状態を半クラッチ状態とも言います。

 

クラッチ操作で基本的には、ローのギアでならばアクセルを踏み込まなくても、クラッチの断続の境目付近に於いて、ゆっくりと戻して繋いでやれば、エンストすることなく車は、そろそろと発信します。

 

そして、段階的に速度をあげるときには、セコンド、サード、トップというようにクラッチ操作を行うのが普通です。

 

ところが、最近では殆どの車はAT車(オートマ車)になっていて、クラッチ操作というのは自動になっていて、操作は大分楽になったのです。

 

因みに、「クラッチ」というのは車のエンジン動力を後方に伝えて回転させ、走らせるの重要な部品なのです。クラッチというのは、エンジンから発せられた回転動力を、発進時やスピードに応じて切ったり、繋いだりして、車の動きを円滑に、スムーズに車軸や車輪に伝える装置なのです。

 

ちなみに、正式名称は、動力伝達装置とも呼ばれています。