車買取査定一括比較

MENU

中国人の考える自動車の実情

自動車は世界中で販売、そして乗られています。とはいえ、国が違うと自動車に関する考え方も違うものです。日本では売れている車も違う国では全く販売が振るわないということもあります。その点で日本の隣の国、中国における人々の自動車に関する考え方について考えてみます。

 

日本の自動車メーカーの多くは現在中国市場でもシェアを伸ばそうとしています。とはいえ、国同士の政治問題も絡み、販売は苦戦しているのが実情です。そうした問題以外にも日本人と中国人の自動車に関する考え方にも違いがありますので、そこを理解していないと販売を伸ばすことはできません。

 

では、中国人の自動車に関する考え方とはどのようなものでしょうか。

 

まず、中国人にとって自動車はメンツを保つための一つの道具です。中国人は非常にメンツを気にします。それで、自分がお金や権力を持っていることの象徴として自動車を購入します。それで、実用性や燃費などよりもベンツやBMWなどブランドにこだわります。

 

一番分かりやすいのは中国で良く売れているポルシェはクーペタイプではなく、なんと4ドアのセダンタイプです。つまり、ポルシェのブランド名を欲しがっているわけです。

 

国が違えばそれぞれの販売の仕方も変わってくるので、自動車メーカーもあれこれと努力をしながら何とか頑張っているのです。