車買取査定一括比較

MENU

ガソリン車とエコカーと

時代は明確にエコカーへと進んでいます。次々と低燃費を売りにする車が発売され、ついには究極のエコカーと言うべき燃料電池車MIRAIも発売されました。

 

ただしその前途は必ずしも明るくないのが実情です。

 

エコカーといえばハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車等が思い浮かびますが、最初のハイブリッド車をのぞき、後ろ二つは運行台数がまだまだ限られています。その最大の理由は、やはり価格でしょう。

 

今の日本では、若者の平均所得は年々下がっています。若者の車離れが唱えられて久しく、そうなると地方において車は必需品なのですが、必要なのは「車」であってエコカーではありません。「エコ」のために倍以上する電気自動車を買おうという人間はまずいないのです。

 

また、現実的にトラックなどの運送業者の大型車両がエコカーへと変わるには、トラック用エコカーの登場を待たなくてはいけません。結果として、日本からガソリン車が姿を消すまでは、まだまだかかるでしょう。

 

それに、ガソリン車のアドバンテージの一つに、全国をくまなく網羅するガソリンスタンドの存在があります。どのサービスエリアに入っても必ずガソリンスタンドがあり、必ず給油ができる。これは同等の条件を電気自動車や水素電池自動車が満たすまでに最低でもあと十年はかかるだろう条件です。

 

もうひとつ、ガソリン車の見逃せないメリットに、耐久性があります。電気自動車は、充電を繰り返すたび劣化していくという不可避の欠点があります。

 

また、燃料電池自動車も電気自動車も出てきたばかりの車であるため、時間の経過がどのような劣化を引き起こすのか、その時の審判をまだ受けていません。
一方、ガソリン車が十年以上の長期使用に耐えうることは、既に多くの実例が示している事実です。

 

時代は確実にエコカーへと進んでいますが、私たちの目の前からガソリンで動く車が消えるのは、まだまだ遠い未来の話になりそうです。