車買取査定一括比較

MENU

日本でも普及し始めたダウンサイジングエンジン

最近どこのメーカーも燃費向上には力を入れています。例えばポルシェやフェラーリにもアイドリングストップ機能が搭載される時代になっています。

 

日本で燃費向上に貢献しているのはやはり「ハイブリッドエンジン」です。トヨタのプリウスに搭載され始めてからどんどん普及して、今では日本で販売されるトヨタ車の半分はハイブリッドです。ホンダなど他のメーカーもハイブリッドに力を入れていて、日本でエコカーといえばハイブリッドです。

 

一方、ヨーロッパでエコカーと言えば「ダウンサイジングエンジン」です。排気量の小さいエンジンにターボを搭載して燃費を稼ぐというスタイルがヨーロッパ車では確立していて、フォルクスワーゲンやBMWはほとんどがこのスタイルを取っています。

 

一方、日本ではこうしたダウンサイジングエンジンは少数派でした。ハイブリッドエンジンに力を入れている日本メーカーは、ダウンサイジングエンジンにまで手が回らなかったといわれています。でも最近トヨタがレクサスNXというSUVにダウンサイジングエンジンを搭載し多モデルを発売しました。

 

今後このエンジンを他の車にも搭載すると言われているので、日本でもダウンサイジングエンジンが普及してくると思います。