車買取査定一括比較

MENU

電気自動車と水素自動車のメリット・デメリット

近年電気自動車が少しずつ普及してきました。日産や三菱は電気自動車の市販も始めました。そして昨年末、トヨタ自動車は水素自動車を発売して話題になりました。電気自動車と水素自動車のどちらが普及するのか、多くの人が注目しています。

 

電気自動車のメリットは構造が単純で、自動車メーカー以外でも参入できるという点がメリットだと言われています。この結果価格は下がっていくだろうといわれています。

 

でも電気自動車は航続距離が短いのが欠点です。航続距離を長くしようとすると、バッテリーをたくさん積む必要があるので、重くなり、充電にも時間がかかります。

 

この点水素自動車は水素を充填する時間はガソリン自動車に給油するために必要な時間とほとんど同じである点がメリットです。一方、水素自動車は大変高価なのがデメリットです。また水素を充填する施設が少ないため、大変不便であるというのもデメリットです。

 

電気自動車の航続距離が伸びるためには搭載されているリチウムイオンバッテリーに変わる、別のバッテリーが登場しない限り難しいと言われていますが、現状では新しいバッテリーは登場していません。ですので短距離移動に限定するなら電気自動車は有利かも知れません。