車買取査定一括比較

MENU

エコカーの種類と特徴について

一般的にエコカーと呼ばれている車は、どのような物があるかというと、大きく5種類に分けられます。それは、電気自動車、メタノール自動車、圧縮天然ガス(CNG)自動車、圧縮空気車、ハイブリッド自動車の5種類です。

 

エコカーの特徴は、低公害車で、大気汚染物質である窒素酸化物や一酸化炭素、二酸化炭素などの排出量が少なく、環境への負担が少ない自動車のことを言います。低公害車の認定を受けた自動車は、税制面での優遇も受けることができます。

 

では、現在使用されている低公害車にはどのような種類の物があるかというと以下の通りです。

 

エコカーは、動力源に何を利用するかにより分類されています。例えば、代替エネルギーを使う車は、メタノール自動車、エタノール自動車、圧縮天然ガス自動車、水素自動車、LPG自動車、等が知られています。

 

ガソリン等と代替エネルギーを併用する自動車は、スーパークリーンディーゼル車、バイフューエル自動車があります。また、動力源にモーターを利用する自動車は電気自動車、動力源に電気モーターやそのほかの補助動力を併用する車をハイブリド自動車と呼んでいます。

 

現在開発中の低公害車は、DME自動車や液化天然ガス自動車、ガスタービン自動車、スターリングエンジン車、太陽電池自動車(ソーラーカー)などがあります。