車買取査定一括比較

MENU

日本向け努力が見えるドイツ車メーカー

ここ数年、ドイツ車が日本でのシェアをどんどん伸ばしています。

 

以前はベンツ・BMW・アウディなどというと庶民には手の出ない車とのイメージがあり、お金持ちが乗る車としての地位が確立されていました。しかし今では日本ユーザーのために様々な企業努力をしてくれています。

 

例えば日本では高排気量の車は税金が高いため敬遠されやすい傾向にありますが、低排気量モデルを前面に出して売り込み、燃費についても以前では考えられないほど改善しています。ドイツ車には乗りたいけど、あまりお金はかけたくないという方でも比較的簡単に購入し維持しやすいようになっています。

 

以前は外車=故障というイメージがあり、実際に国産車と比べても故障率はかなり高かったのですが、それは日本の暑い気候や渋滞しやすい道路でいつもエンジンルームに熱がこもっているような道路事情をあまり考慮していなかったためです。

 

最近では熱対策にラジエターの大型化や消耗品の耐久性アップにより故障もかなり減ってきています。車両価格も比較的廉価で、ある程度の国産車が購入できる方なら新車購入も決して難しくはありません。

 

年々日本で増えているドイツ車が、国産車と同等の台数が当たり前のように走る時代もそう遠くないのかもしれません。