車買取査定一括比較

MENU

ツインクラッチ式トランスミッションについて

最近のヨーロッパ車はトランスミッションにトルコン式オートマチックではなく、ツインクラッチ式のトランスミッションを搭載している車が増えています。このツインクラッチを最初に搭載したのはフォルクスワーゲンやアウディで「DSG」と呼んでいます。このほかにポルシェも「PDK」と呼ばれるツインクラッチを搭載しています。

 

このツインクラッチ式トランスミッションはトルクを効率に伝えられるために、燃費性能に優れているのが特徴です。またトルコン式よりもダイレクトに運転できるので、スポーツカーなどでも楽しく運転できます。

 

特にポルシェやフェラーリなどパワーがある車はマニュアルトランスミッションよりも、運転に集中できるのでこちらの方が安全だといわれていて、ポルシェのターボやGT3にはマニュアルトランスミッションは設定されていません。

 

一方で、国産車でこのツインクラッチ式を搭載している車はニッサン・GT-Rとホンダ・フィットのハイブリッドモデルだけです。国産車で普及しないのは、渋滞時に車がぎくしゃくするというデメリットがあるので、トルコン式やCVTの方が日本では扱いやすいというメリットがあるからです。でもツインクラッチ式の車がもっと増えてもいいと思います。