車買取査定一括比較

MENU

車のあんなことやこんなこと記事一覧

 

最近のヨーロッパの高級車はスピードメーターや回転計などのパネルが従来からあるアナログ式ではなく、液晶パネルを搭載しているモデルが増えてきています。BMWの5シリーズやジャガー、ベンツSクラスなどは運転席の前には液晶の画面があり、エンジンを始動するとそこにスピードメーターや回転計が映し出されます。このほかにフェラーリなども同じようなシステムになっています。液晶画面に様々な映像を映し出せるので、これは...

 
 

近年電気自動車が少しずつ普及してきました。日産や三菱は電気自動車の市販も始めました。そして昨年末、トヨタ自動車は水素自動車を発売して話題になりました。電気自動車と水素自動車のどちらが普及するのか、多くの人が注目しています。電気自動車のメリットは構造が単純で、自動車メーカー以外でも参入できるという点がメリットだと言われています。この結果価格は下がっていくだろうといわれています。でも電気自動車は航続距...

 
 

一般的にエコカーと呼ばれている車は、どのような物があるかというと、大きく5種類に分けられます。それは、電気自動車、メタノール自動車、圧縮天然ガス(CNG)自動車、圧縮空気車、ハイブリッド自動車の5種類です。エコカーの特徴は、低公害車で、大気汚染物質である窒素酸化物や一酸化炭素、二酸化炭素などの排出量が少なく、環境への負担が少ない自動車のことを言います。低公害車の認定を受けた自動車は、税制面での優遇...

 
 

高級車やスポーツカーにはダンパーの減衰力を調整する機能を搭載している車がたくさんあります。ダンパーはピストンのようになっていて、そのピストンの中にはオイルが入っています。これを調整することによって、乗り心地を柔らかくしたり硬くできたりします。こうしたシステムはレクサスのLSやBMW7シリーズ、ベンツSクラスなどには標準で装着されていますし、オプションで装着できるモデルもあります。たとえばポルシェは...

 
 

先日トヨタから発売された、革新的なエコカー、MIRAIをご存知の方も多いでしょう。車ファンでなくても名前ぐらいなら聞いたことのある車です。究極のエコカーと呼ばれ、水素を消費して電気と水を生み出し、その電気で走る電気自動車であるこの車はすでに注文が殺到し、今注文しても納車は二年後と言われています。しかし、それ以上に急ピッチで急がれているのが、水素ステーションの建設です。ほとんどが愛知県と東京都に集中...

 
 

車を買おうと思っている人は、車を買うメリット・デメリットを買う前によく考えるべきです。何となくあった方が便利そうだとか、周りの人はみんな持っているという理由での購入はよくありません。まず、車を買うと行動半径が広がるメリットがあります。今まで公共交通機関を使わないと行けなかった場所、時間がかかりすぎて行くのをためらっていた場所にも行けるようになります。特に小さな子供がいる場合は、車による行動半径の広...

 
 

最近どこのメーカーも燃費向上には力を入れています。例えばポルシェやフェラーリにもアイドリングストップ機能が搭載される時代になっています。日本で燃費向上に貢献しているのはやはり「ハイブリッドエンジン」です。トヨタのプリウスに搭載され始めてからどんどん普及して、今では日本で販売されるトヨタ車の半分はハイブリッドです。ホンダなど他のメーカーもハイブリッドに力を入れていて、日本でエコカーといえばハイブリッ...

 
 

時代は明確にエコカーへと進んでいます。次々と低燃費を売りにする車が発売され、ついには究極のエコカーと言うべき燃料電池車MIRAIも発売されました。ただしその前途は必ずしも明るくないのが実情です。エコカーといえばハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車等が思い浮かびますが、最初のハイブリッド車をのぞき、後ろ二つは運行台数がまだまだ限られています。その最大の理由は、やはり価格でしょう。今の日本では、若者...

 
 

最近のヨーロッパ車はトランスミッションにトルコン式オートマチックではなく、ツインクラッチ式のトランスミッションを搭載している車が増えています。このツインクラッチを最初に搭載したのはフォルクスワーゲンやアウディで「DSG」と呼んでいます。このほかにポルシェも「PDK」と呼ばれるツインクラッチを搭載しています。このツインクラッチ式トランスミッションはトルクを効率に伝えられるために、燃費性能に優れている...

 
 

ここ数年、ドイツ車が日本でのシェアをどんどん伸ばしています。以前はベンツ・BMW・アウディなどというと庶民には手の出ない車とのイメージがあり、お金持ちが乗る車としての地位が確立されていました。しかし今では日本ユーザーのために様々な企業努力をしてくれています。例えば日本では高排気量の車は税金が高いため敬遠されやすい傾向にありますが、低排気量モデルを前面に出して売り込み、燃費についても以前では考えられ...